1~2件目/2件中

1~2件目/2件中

与那原町について

与那原町(よなばるちょう)は、沖縄県本島東海岸の南部に位置して、沖縄本島では1番小さい町です。「太陽と緑の町」をキャッチコピーにして「東部地域の文化都市」として街づくりを進めています。与那原町の「天然ヒジキ」は、与那原町に面している中城湾で収穫ができ、町を代表する特産品になっています。「天然ヒジキ」を求めて遠くから来る常連さんもいるほど人気の商品となっています。その他には、400年余の伝統がある沖縄県三大綱曳の1つで「与那原大綱曳」は、琉球王国尚栄の時代から続いています。この綱曳きは、稲が不作で害虫が発生し人々が餓死寸前まで陥った時代に害虫を近寄らせず、豊作になることを祈ってはじめたといわれてます。その結果、害虫がいなくなったと伝えられています。与那原町は、沖縄県本島で1番小さい町ですが、「太陽と緑の町」をキャッチコピーにしてこれから発展していく町で仕事をしてみませんか?