1~30件目/40件中

1~30件目/40件中

八重瀬町について

八重瀬町(やえせちょう)は、沖縄県本島の南にあり、太平洋に面している地域です。2006年に具志頭村と東風平町が合併して誕生したまちです。町の名前の由来になっているのは、合併協議会の際に名前の募集をし、合併した具志頭村と東風平町にまたがり続く「八重瀬岳」からとも言われています。八重瀬町には、八重瀬城跡内にある八重瀬公園でやえせ桜まつりが1月~2月に行われます。やえせ桜まつりでは、桜の花が開くのに合わせて桜をライトアップして幻想的な空間を作り上げる他、高台にあるので景色が最高です。他に沖縄県指定有形文化財に登録が認められている最古で最大のシーサー「富盛の石彫大獅子」もあります。自治会への参加も高く、子供会や青年会、各種サークル活動等が活発に行われている地域でお仕事をしませんか?