1~9件目/9件中

1~9件目/9件中

本部町について

本部町(もとぶちょう)は、沖縄県本部半島の先端にある町で沖縄国際海洋博覧会が開催された海洋博公園がある地域です。本部町には、国の天然記念物に認定されている「塩川」や本部半島最高峰の「八重岳」が人気のスポットです。塩川は湧き水にもかかわらず、塩分を含んでいることから「本部の七不思議」と古くから伝えられています。また、八重岳は日本一早い桜祭りで有名で約7000本の桜が咲き、この時期は桜を見る人が多く訪れています。気候は、平均気温が22.5度で温暖ですが八重岳などの山々は、温度差が激しくて最低4度まで下がることもあります。夏季には南風によって運ばれる雨が連山にさえぎられるので雨量が少なくて6月半ばまで蒸し暑い地域です。本部町は観光地がとても多く、観光業で働くチャンスも多いです。太陽と海と緑・観光文化の町づくりを目指し活動している本部町で仕事をしてみませんか?